上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--/--/-- | スポンサー広告  TOP






 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(66)、
映画監督の岩井俊二氏(52)が8日、都内で行われた長編アニメーション作品『花とアリス殺人事件』(20日公開)のトークショーに出席。
2013年に宮崎駿監督(74)が長編アニメ製作から引退し、鈴木氏は「ジブリは今、開店休業っていうのかね、何を作っていいのか悩んじゃってる」と本音を漏らした。

 続けて「今の世の中を考えると、何を作るのか難しい」とつぶやいた鈴木氏。
岩井監督が手掛けた今作をひと足早く鑑賞し、
「改めて思ったけど、映画は作るものじゃなくて見るものなのかな。見て何かを言うのが楽しい。
でも、そう思いつつも『どうすんだお前は!』って(危機感が)降り掛かってくる。身近なところにテーマは転がってるのかもね」と刺激を受けていた。

http://www.oricon.co.jp/news/2048311/full/



関連記事

2015/02/09 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する






 | ブログトップ | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。