上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--/--/-- | スポンサー広告  TOP






独テュービンゲン大学の学生による研究チームが、
ゲームキャラクター「マリオ」を使った人工知能プロジェクトの研究成果をYouTubeに公開している。

用いられているのはJavaのエミュレータで作られたこと以外は普通と変わらないスーパーマリオで、
歩いたりジャンプしたりマリオが取れる行動も通常のゲームと同じだ。
ただし、この実験において、操作を行なうのはユーザーではなく、学習する人工知能だ。

この人工知能(マリオ)はまず、地面を歩いたり、ジャンプする際に自分の行動効果について予知モデルを用いる。
モノにぶつかる、コインの数が増える、ライフ残数が減るといったその他の効果については、
スキーマベースの条件行動効果知識データベースに新規のイベントして記録される。

MarioLives 15 12 14 Final


PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150120_684378.html


関連記事

2015/01/20 | ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する






 | ブログトップ | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。