上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--/--/-- | スポンサー広告  TOP







ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、ゲームポータルサイト「ガンホーゲームズ」において、
サードパーティータイトルのチャネリングサービスを2015年6月末をもってすべて終了することを明らかにした。

チャネリングサービス終了の理由は、
全社的なトレンドとしてオンラインゲームの開発・運営から、特定のプラットフォームに依存しないゲーム開発にシフトしつつあり、
チャネリングサービスに割いている社内のリソースを、開発へと振り向けるためだとしている。

今回対象となるのはクライアント型のオンラインゲームとブラウザゲーム。
具体的には「真・女神転生IMAGINE」(ケイブ)、「ブラウザ三国志」(Aiming)などオンラインゲーム10タイトルと、
アバターサービス「セルフィタウン」の計11タイトル。
自社タイトルである「ラグナロクオンライン」や「エミル・クロニクル・オンライン」などのサービスは、今後も変わらず継続される。
また、ガンホーIDやアトラクションセンターなど課金プラットフォームとしての機能も今後も引き続き提供される。


ガンホーゲームズのページ
http://www.gungho.jp/

GAME Watch 
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150116_684117.html


関連記事

2015/01/16 | ゲームCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する






 | ブログトップ | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。